ウメ吉とわたし。

mix犬ウメ吉とsatomiの成長記。 ドッグスポーツやオビディエンス等にチャレンジする模様を赤裸々に?綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わかっているのにできない。


昨日はアジレッスン。


また一つ大事なことに気付かされた・・・というか、
いつも言われていることなのに、
その場になるとどうしてもできない。


昨日はスラロームの練習だった。
ハードルの時もそうだったけど、
「これを跳びなさいよ」とか「この間を通りなさい」という
強い気持ちをちゃんと持って伝えるべきなのに、
ついわたしはコマンドを雑に「ポイっ」と放るように投げかけて
終わってしまっているような気がする。


そんなとき、わたしが求めていることを、ウメは当然できない。
伝えられていないのだから、当たり前だ。


普段の生活でもそんなことがある。
スラロームに限らず、単なるスワレやフセでも同じことだ。
雑に言い放った時、犬は反応しない。


頭でわかっていても、できないときはできないんだよなあ・・・。
ピタッとはまるときもあるけれど、
その時の感覚が思い出せずに
慌てたまま指示を出すと決まって失敗する。
それはわかってるのに、なぜ伝わるように言えないのか。


雑に言い放つのがいけないなら・・・やはり気持ちの問題なのか?
よく思い返してみると、
指示を出すとき無意識に 「できないかも」 という不安な気持ちを
抱いていることがある。
特にアジレッスンのときは自分が動きながらだったりするので
余計にそうなりがちだ。
それで慌てて出す指示が、言ってみれば
出たとこ勝負みたいな感じになっていたのかもしれない。


そうじゃなくて、
やっぱり基本は「やりなさい」という気持ちなのかな?
できる、できないじゃなくて 「やりなさい」。
不安がらず、ただその強い気持ちを持って指示を出せばいいということ?



・・・あ、それ自分で最初に書いてるよね(/ω\)
なんかぐるっと一周しちゃったな。


んもー
あたいバカなのかなー・・・( ̄Д ̄) しくしく・・・。
それとも、これも「気付き」なの?
少し頭が整理された気はするのだけど・・・。



精進します。



ランキングに参加しています。
8才にしてdog sportsの楽しさを知ったウメ吉とsatomiに
応援クリックをお願いいたします(^-^)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

** いつもポチ&拍手どうもありがとうございます(^O^)/ **

スポンサーサイト
[ 2013/08/31 07:00 ] アジリティ。 | TB(-) | CM(2)
そうです、気づきです。
滝に打たれてきなさい…あはは
「やりなさいっ!」間違いではないけど、
一緒にやる気持ち。
決して命令ではないのだ。
判るかな?w
[ 2013/09/01 22:59 ] [ 編集 ]
☆あむさま
どうもありがとうございます・・・。恐れ入ります。
そうでした、一緒にやる気持ち、自分も犬になる、すべてが遊び、それも大事でしたよね。
一つ意識すると別のことが抜けます・・・。

でも諦めません! 飲みこみの悪いペアですがよろしくお願いいたします。
滝に打たれるつもりでこれからもがんばりますっ(笑)。
[ 2013/09/01 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。