ウメ吉とわたし。

mix犬ウメ吉とsatomiの成長記。 ドッグスポーツやオビディエンス等にチャレンジする模様を赤裸々に?綴っています。

お散歩の仕方。



アウラに通うようになってから
お散歩のときはなるべくウメがわたしに集中して歩くように
気をつけている。


初めの頃は、自発的にわたしを見たら
いい子ー!ヨーシ!そうそう!・・・など、
他人に見られたらちょっぴり気恥ずかしいくらいな声でほめつつ
ごほうびをあげていたのだけど(笑)、
この頃はそれを少し抑えめにしている。


わたしを意識して歩くことが「普通のこと」、あるいは「当たり前のこと」
であるかのような気持ちで歩き、
ウメがアイコンタクトをとってきたら軽く「ヨシ。」といったり
アイコンタクトで返す程度にする。


これが最近少しずつ定着してきた気がする^^


わたしを意識しながら歩かせることのメリットは、
やっぱり大きな刺激があったときに
ウメが正気に戻るまでの時間がぐんと早くなることだと思う。


昔はそういうときリードチェックを使ってみたこともあったが、
やり方の問題もあったかもしれないけど
効果はウメの場合感じられなかった。


今日のお散歩中は、
前方をネコが歩いていたり(ニャンコはウメの宿敵なのだ( ̄m ̄)!)、
突然家の中から犬に吠えられたりする場面があったけど(笑)、
いずれも以前に比べるとかなりコントロールしやすかった。
また、わたし自身も慌てず平常心で対応できたような気がする。


ただし、先日の旅行のときのように
一緒にほかの人(母とか)が歩いている状況などでは
リードを持つわたしにずっと集中させておくのは
まだ正直言って難しいな。


要修行。このまま続けてみよう^^


なお、ずっと集中させていたら疲れるだろうけれど、
公園にたどりついたら
伸縮リードで自由時間も作っているので、
多分メリハリがあっていいんじゃないかな?
ウメを見る限り特にストレスは感じていないようです^^



そうそう、
今日公園で遊んでいたら、女の子が2人寄ってきたの。
1人の子は以前ウメをなでてくれた子みたいで、
もう1人の子に、

「このわんちゃんね、すっごい草いっぱい食べるんだよー」

って説明していた(≧ε≦)
は、恥ずかしい~・・・。



ランキングに参加しています。
8才にしてdog sportsの楽しさを知ったウメ吉とsatomiに
応援クリックをお願いいたします(^-^)

にほんブログ村

** いつもポチ&拍手どうもありがとうございます(^O^)/ **


スポンサーサイト
[ 2013/05/30 23:48 ] ウメ吉のトレーニング。 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する