ウメ吉とわたし。

mix犬ウメ吉とsatomiの成長記。 ドッグスポーツやオビディエンス等にチャレンジする模様を赤裸々に?綴っています。

初めての感覚。



日付変わって昨日はアジリティレッスンday。


ハードルを跳ばせるのもなかなかうまくいかず
まだまだ練習が必要だなーというところ(^_^;)


でも一つ、昨日自分で良かったなと思ったのは、
「ちゃんと跳びなさい」という意識を持って指示を出す感覚が
少ーしつかめたこと。


先生には前から何度も指摘されていたのだけど
これがどうしてもできなくて、
つい焦って無理やり言葉だけつけてしまったり、
ウメのタイミングを全く考慮せずに指示を出したりしていたのだ。
当然ウメは失敗する。


でも、うまく指示が出せる瞬間は、ウメが跳ぶ前でも
「あ、うまく行くな」ってわかるのよね。


この感覚を忘れないで次につなげたいな!


・・・というか、もっというと、
この、
ウメとわたしの間にある見えないチャンネル合わせ?みたいな感覚が
アジリティの面白いところなのかなってちょっと思った。


なぜって、なんだかとても気持ちよかったのよね。
「あ、今指示出せば伝わる」っていう感覚が。


これを、いくつもの障害物に対して、しかも
スピードをもって行っていくのって
どんな感じなんだろう??

楽しみだぁ( ̄∀ ̄) ♪



でもって、コレ↓
s-DSCF2750.jpg


レッスン中に目の前で先生がヒョイヒョイって
作っていた(o゚ω゚o)


ウメは今ほとんどひっぱりっこ遊びをしないけど、
これを使って練習するぞー♪
ボールもディスクも以前に比べれば追うようになったし、
ひっぱりっこもどこまでスキにさせられるか
やってみよう。


・・・課題は山積みだけど、燃えるぜぃ( ̄∀ ̄) ♪



ランキングに参加しています。
8才にしてdog sportsの楽しさを知ったウメ吉とsatomiに
応援クリックをお願いいたします(^-^)

にほんブログ村

** いつもポチ&拍手どうもありがとうございます(^O^)/ **


スポンサーサイト
[ 2013/06/05 00:42 ] アジリティ。 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する